保育料無償化に伴う給食費の取り扱いについて

  • 2019年10月から、3〜5歳児クラスのお子様については保育料が無償化されるため、市町村にお支払いいただく必要がなくなります。
  • 保育所の給食の材料にかかる費用(給食費)については、自宅で子育てを行う場合も同様にかかる費用です。
    このため、保育所等を利用する保護者も、自ら自宅で子育てを行う保護者と同様に、その費用を負担することが原則となりますので、無償化後も引き続き、保護者の皆様のご負担となります。
保育料無償化

2号認定の方は負担方法が変わります

現在、3〜5歳児クラスの給食費分は

  • 主食(お米など)分については直接、施設へお支払い
  • 副食(おかず)分については保育料の一部として

お支払いいただいております。

今般、幼児教育・保育は無償化されますが、給食費については引き続き保護者の皆様にご負担いただくことが原則です。
無償化に伴い、今後は、主食分と副食分の給食費をまとめて施設にお支払いいただくことになりますので、ご理解・ご協力のほどお願いいたします。

免除対象

次の世帯については、給食費のうち副食費部分が免除されます。

  • 認定こども園、幼稚園、保育所に通っている世帯年収360万円未満相当(市民税所得割額の合計が、57,700円未満。ただし、ひとり親世帯等は市民税所得割額77,101円未満)の子ども
  • 認定こども園、幼稚園、保育所に通っている第3子以降の子ども

    (世帯年収が520万円以上相当(市民税所得割額の合計が119,001円以上)の場合は小学校就学前の範囲内で第3子以降の子ども)

副食費免除

給食費について チラシダウンロード

お問い合わせはこちら

  • 神戸市行政事務センター
  • 078-291-5952
  • 受付時間
    8:45〜17:30
    (土日祝・年末年始除く)